ギフトマニア

ギフトマニアは、電子ギフト券に関する色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

Amazonギフト券

Amazonギフト券はIT時代のギフト券だと言えます

2017/11/07

パソコンと携帯

ギフト券と聞くと各デパートの商品券やビール券もしくは図書カードやQUOカードなどを、思い浮かべる人が多いと思いますがそのような券やカードとして実体があるギフト券ではなく、言わば電子マネーライクにネット上でのみ利用できるギフト券がこのAmazonギフト券です。

Amazonギフト券はその名前の通り、Amazonでのショッピング用のギフト券で、Amazonのアカウントにチャージすることで利用できるようになります。最近では子供の入学祝いなどに贈ることもあり、日本でもメジャーなギフト券の1つになってきたと言えるかも知れません。

実体がないと書きましたが、Amazonギフト券とは16桁前後のコードだけで、それが書かれているカードなどの媒体はこのコードを伝える為だけに存在するからです。

よって、コンビニなどで売られているカードタイプのAmazonギフト券でも、そこに書かれているコードだけが必要で、カード自体は処分してしまっても構いません。

そのコードには有効期限と金額の情報が含まれており、これをアカウントにチャージすると、その期限内にその金額までAmazonでショッピングができるようになります。

コードだけでギフト券として成立しているので、これを贈りたい相手にAmazonからメールで送ってもらうタイプや、少し見栄えのいいカードに書かれているギフトカードタイプ、またコードのみを自分に送るタイプなど、様々な種類があります。

どの種類でも、必要なのはコードだけです。よって、Amazonギフト券として入手したコードだけを紙に書いて渡しても、逆に貰って構いません。

このように、Amazonギフト券は従来のギフト券とは全く違う発想のギフト券で、現在のIT時代のギフト券だと表現することができます。そして、ギフト券と言えば金券ショップで売買されることも多いですが、このAmazonギフト券も同じように売買を行うことができます。

ですが、さすがに実店舗の金券ショップでは扱っていないことが多く、主にネット上のショップで販売や買取が行われています。このAmazonギフト券を利用する際に注意する点は、コード部分を自分と贈る相手以外には知られないようにすることです。

特にカードタイプの場合は前述のようにそのカード自体ではなく、そこに書かれているコードだけが必要です。カード自体を渡しても、書かれているコードが既に使用されていた場合は利用することができません。このコードが使えるのは1回だけです。

この点から、Amazonギフト券は16桁前後のコードだけというシンプルで、とても扱いやすいギフト券だと言える反面、そのコードの管理がとても大切になるということです。

-Amazonギフト券
-