ギフトマニア

ギフトマニアは、電子ギフト券に関する色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

Amazonギフト券

Amazonギフト券を無駄なく役立てるための利用方法

2017/11/07

提案する男性

アカウントにAmazonギフト券で登録した残高を貯めておくのは、Amazonで急に何か商品が欲しくなったときに役立ちます。Amazonギフト券は使い切らなければもったいないですので、できるだけアグレッシブに使ったほうが良いです。

しかしだからといってあまり使わない物を無理に買ってはそれこそ無駄になってしまいます。

それなら、とりあえずAmazonギフト券でアカウントの残高を増やしておき、いざというときそれを使うのが上手く活かせるやり方です。

身近な例としては、家電製品を買うときが挙げられます。今まで順調に使えていた家電製品が急に壊れてしまって買い替えなければいけないとき、その支払いをすべて現金にするのは家計の大きな痛手になります。

たまたま都合良く貯金があればまだ良いですが、そうでなかったら家計を圧迫してしまいません。かといってたとえば炊飯器、電子レンジ、オーブンなどの調理家電はないと日々の食事に影響する大事家電です。そのため一刻も早く買い替えをしなければ不便でしかたありません。

そこで、Amazonギフト券でアカウントの残高を増やしておくと、いざ家電を買い替えるときに助かります。もしも1万円分の残高があれば、安い炊飯器や電子レンジやオーブンなら現金支払いせずに買うことができます。また、Amazonはよほどの人気商品でない限り、注文すればその翌日か翌々日くらいまでは届けてくれます。

それなら店舗で買うのとほとんど変わらないですし、Amazonを利用したほうが家計への影響を少なくすることができます。Amazonギフト券を残高に登録したらすぐに使いたくなってしまいますが、あえて使わずにとっておくのも後々になって役立ってくれます。

備えあれば憂いなしといいますが、Amazonギフト券をこの備えにしておくことができます。また、そうでない場合でも、高額商品を買うときはAmazonギフト券が助かります。

ノートパソコンなど高額商品を買うとき、上記のように1万円分でも値引いて買うことができれば、それだけでもだいぶ気分が違います。

10万円のノートパソコンを9万円で買ってもそれほど「お得」とは感じないのかもしれませんが、それでもAmazonギフト券を使ったほうが支払いの負担を減らせるのは確かです。支払いの負担を減らすことができれば、買い物に対しての意欲もわいてきます。

Amazonギフト券で買い物ができるのはもちろんAmazonのみですが、それでも賢く使えば買い物に役立てられますので、できるだけ無駄がないように使うことが大切です。

-Amazonギフト券
-