ギフトマニア

ギフトマニアは、電子ギフト券に関する色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

Amazonギフト券

Amazonギフト券のオートチャージに関するメリットとデメリット

2017/11/07

〇×を持つ女性Amazonギフト券はたまに残高が足りなくなる事はあります。それで自分が求める商品が、購入できないケースもあるのです。そもそもAmazonギフト券は、基本的には所定の口座に入金をしておく必要があります。目には見えづらいですがAmazon専用の口座が存在する訳です。

そこに対してお金を入金しておく事により、Amazonで買い物できるという仕組みになります。ですから考え方としては、電子マネーに近いです。最近では買い物をする時に、センサーに電子マネーのカードをタッチしている方々も多いでしょう。

もちろん電子マネーの口座に入金されている分だけがセンサータッチによって差し引かれる事になります。ところがタッチするタイミングでたまに入金額が不足している事もあるのです。

自動改札機に電子マネーをタッチするタイミングで、赤くセンサーが光ってしまい、金額不足ですと表示される事もあるでしょう。あれは、残高が不足しているからです。

Amazonギフト券でも、同じような事はたまにあります。それが1回限りなら良いですが、人によっては連発してしまう事もあるのです。Amazonで頻度多く買い物をする方々などは、チャージ金額が不足する事も意外とよくあります。

ただ、買い物をする方々としては、それは煩わしく感じられる事も多いです。できれば何らかの方法で、自動的にチャージできる方が良い事もあるでしょう。それでAmazonギフト券には、オートチャージの機能は備わっているのです。

金額不足が生じた時には、自動的にクレジット引き落としされる事になります。ですから状況に応じて、オートチャージの機能も付加しておくのも一法でしょう。ただオートチャージには、残念ながらデメリットもあります。

クレジットカードに限定されてしまう事です。確かにそれは非常に便利なのですが、そもそもクレジットカードになると、金利支払いが生じてしまうでしょう。

手数料が少々痛くなってしまいますので、コストがやや増える可能性は要注意です。それとオートチャージを付けますと、使いすぎのリスクが生じてしまいます。そもそもAmazonギフト券のメリットの1つは、使いすぎを自己管理できる点なのです。

チャージ金額以上に使わない機能が備わっている事で、むやみに多くのお金を使う事を防げるでしょう。オートチャージでそれが無くなってしまう点は、デメリットではあります。

ただ使い方次第では、確かに便利な機能ではあります。リスクを承知の上で、Amazonギフト券にオートチャージを付けてみるのも一法でしょう。

-Amazonギフト券
-,