ギフトマニア

ギフトマニアは、電子ギフト券に関する色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

Amazonギフト券

Amazonギフト券の種類と便利な使い方

2017/10/18

人差し指をたてる女性

Amazonギフト券はカードタイプだけでなく、チャージタイプやメールタイプなど、豊富なラインナップが揃っています。コンビニなど店頭で手軽に購入できるものには、カードタイプとシートタイプの二種類が存在します。

カードタイプは、3000円、5000円、10000円、20000円と額面が固定されている物の他に、バリアブルタイプもあります。バリアブルは、1500円から50000円の範囲内であれば、1円単位で自由に金額を設定することができます。

カードタイプの購入は、店頭に並んでいる希望の額面のカードをレジに持参しますが、バリアブルの場合はバリアブルのカードをレジに持参し、希望の金額を口頭で伝えます。

シートタイプには、2000円、3000円、5000円、10000円、20000円、25000円の額面が存在します。シートタイプは、店舗内に設置されている端末を操作します。

コンビニエンスストアにより若干異なりますが、Amazonギフト券の購入メニューを選択して金額を指定、印刷された代金払込票をレジに持参して支払うという流れはほぼ同じです。店舗で購入するタイプとは別に、オンラインで購入できるのもAmazonギフト券の魅力です。

オンラインタイプには、チャージタイプ、Eメールタイプ、印刷タイプ、グリーティングカードタイプ、ボックスタイプの5種類が存在します。

チャージタイプはアカウントに直接ギフト券の残高をチャージするもので、15円から50万円の範囲で購入することが可能です。オンラインに対応したタイプの中では、チャージタイプに限りネットバンキングや電子マネーなどクレジットカード以外での購入が可能となっています。

Eメールタイプは、プレゼントしたい相手にEメールで送ることができます。メッセージを添えることができ、額面はチャージタイプと同様15円から50万円の範囲となっています。自分のメールアドレスに送ることも可能です。

印刷タイプは、額面と絵柄を選んで印刷し、相手に直接手渡すことができますが、印刷せずにEメールで送ることもできます。グリーティングカードタイプは、封筒とグリーティングカード、Amazonギフト券の3点がセットになったものです。注文者の自宅に届くため、メッセージを添えて相手に送ったり、直接手渡すことも可能です。

ボックスタイプはプレゼント用に包装されたもので、相手に直接送ることができますが、一旦自宅に届けてもらえば手渡しもできます。

これらのギフト券は、アカウントにチャージすることで使用可能となりますが、買い物の際にはクレジットカードや電子マネー等と組み合わせての決済にも対応しています。決済時はギフト券の残高が優先的に差し引かれるため、足りない分を他の支払い方法で補う事になります。

例えば電子マネーで買い物をする場合、通常は購入金額に足りないと電子マネーを利用することはできませんが、事前にギフト券をチャージしておくことで、電子マネーを有効に利用することができ便利です

-Amazonギフト券
-,